イトスギ › 日記 › 岩宿のカタクリ群生

2016年03月30日

岩宿のカタクリ群生

漸くの春の陽気に誘われ、数年振りに岩宿遺跡のカタクリ群生地を訪れてみました。



陽溜りに咲くカタクリはどれも個性的な開花の仕方ですが、全体では地味目に地面を薄紫に覆っています。



こんな風に斜面の上まで群生が広がっていますが、所々に白い花が見られます。



白い花はアズマイチゲで、カタクリとの共生では色彩ではカタクリが負けてしまいそうです。



更に地味なのが・・・



アマナで、よくよく見ないと見つかりません。



穏やか光の中で見る野草達は何とも楽しげですが、実は二週間程前にも岩宿へカタクリを見に訪れています。
その折にはほんの数本しか咲いていなかったのですが、花びらはしっかり厚く、ぽってりと咲いていました。



今回は何となく軽やかで、ダンスでもしている様にスリムです。



ほんの半月の変化ですが、花々の開花の不思議を感じました。



同じカテゴリー(日記)の記事画像
甘楽町で桜散策
鳩時計のバージョンアップ
満開のミモザと「春の香り」
館林美術館と別館「ポンポンの部屋」
富士見村のザゼンソウ
我が家の鳩時計が大変身
同じカテゴリー(日記)の記事
 甘楽町で桜散策 (2016-04-03 18:38)
 鳩時計のバージョンアップ (2016-03-13 16:13)
 満開のミモザと「春の香り」 (2016-03-10 16:29)
 館林美術館と別館「ポンポンの部屋」 (2016-03-07 18:42)
 富士見村のザゼンソウ (2016-02-28 17:28)
 我が家の鳩時計が大変身 (2016-02-11 16:42)

この記事へのコメント
もう、亡くなってから二年になるのですね!
何時も花は美しい!
Posted by 696meijinn at 2018年11月16日 23:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
岩宿のカタクリ群生
    コメント(1)